業者との出会い

我が家は新築住宅を購入しようと決めると住宅へのイメージを沸かせるため各社の住宅展示場を巡ったりするようになりました。今まで話す機会がなかった住宅専門業者ともコミュニケーションは思った以上に楽しく、住宅への知識や関心が今まで以上に高められました。いい土地を探すため数か所の不動産屋さんへ行き不動産屋から見る住宅メーカーの話や、住宅メーカー各社自慢の製法を駆使した住宅工法や建材について聞いたり無知の私には大変勉強になりました。

住宅に無知なだけに後悔しない家造りをするには最高の業者と出会うことが一番の近道なのではないかと思うようになりました。いろいろな住宅の知識を聞き、果たして私たち夫婦が求める家はどの業者のどの製法の住宅がいいのか分からなくなることもあります。自社の製法や建材の良さを前面に推しだし、イベントがある度にまめに案内の連絡をしてくれる業者もいれば、いろいろな角度から見た住宅工法や建材の説明、また住宅ローンの組み方などを話してくれる人もいます。

様々な人を見てきて私たち夫婦の理想の家をまず聞いてくれ、その後いろいろアドバイスしてくれ親身になってくれる業者が最高なのではないかという本来の原点に戻ったのです。省エネで高気密高断熱住宅です!と自社自慢の話を並べられ最初は心惹かれましたが、そこに私たちらしさというものがどこにもなく、満足度に欠ける気がしたのです。理想の家に仕上がるよう耳を傾け、最善の努力をしてくれ、そして予算においても無理なく支払える提案をしてくれる最高の業者と出会うことがまさに理想の家を手に入れるための手段だと思います。

This entry was posted on 金曜日, 2月 24th, 2017 at 9:41 AM and is filed under 新築・注文住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.